住まいの掃除.com
   






キッチン











水周り









その他





















地球に優しい掃除











”必見!誰かに自慢したくなる魔法の掃除術!!”

掃除のコツ・裏技や、便利グッズの紹介など、知らないと損する情報が盛りだくさん!!
メールアドレス




バックナンバー
No,1〜50


バックナンバー
No,51〜100


バックナンバー
No,101〜150


バックナンバー
No,151〜200


バックナンバー
No,201〜250




住まいの掃除.com > 水周り > 風呂

風呂の掃除方法


毎日のお風呂掃除でカビのヌメヌメからサヨナラ!!


■普段の掃除

風呂あがりに毎回…

風呂から出る前(湯気がこもっているうちに)に、風呂全体に熱いシャワーをかけ、石鹸やシャンプーの泡を流してしまいしょう。


お湯を抜く際、風呂用洗剤をスポンジに付けて、浴槽のお掃除も一緒に行いましょう。


使用後は換気扇を回し、雑巾や窓拭きワイパー等で風呂全体の水滴をふき取りましょう。


この作業をすることにより、白いカルシウム汚れやかびを防ぐことが出来ます。



週に1回…

風呂浴槽のふたの掃除、排水溝の掃除をしましょう。
かび掃除、換気扇の掃除


【↑風呂掃除トップページへ】






風呂の各部の掃除方法

■普段の掃除
■おそうじ道具
■風呂釜の洗浄
■浴槽やタイル
■タイルの目地の汚れ
■浴槽フタ
■シャワーヘッドの詰まり
■シャワーホースの汚れ
■浴室ドアの湯垢
■排水溝の汚れ
■浴室床のかびやぬめり
■蛇口の白い汚れ
■天井ボード
■換気扇
■鏡
■収納棚
■洗面台



風呂・浴槽
↑風呂・浴槽




■風呂の掃除道具

風呂用のスポンジと風呂目地ブラシ、この二つで大体の掃除は終わります。


下の写真のブラシは、ホームセンターで700円くらいで売っているのですが、 青いほうが硬く、白いほうが柔らかめという変わったブラシです。


青いブラシで風呂ふたの凹み部分やゴム部分以外のかび、白いブラシで風呂の排水溝のぬめり取りや蛇口周りの水垢の掃除をします。


1本あるととても便利な一品です!!



風呂目地ブラシ
↑風呂目地ブラシ


これは窓の結露を取るワイパーですが、風呂掃除に利用しています。


風呂上りに天井・壁の水滴を落とし、早く乾燥させ、かび防止の為に使用しています。


床を磨く吸水モップでも代用できますよ。



風呂ワイパー
↑風呂用ワイパー



ちなみに…ヘラとブラシがひとつになったバス水切りブラシという便利なシロモノもあります。

【↑風呂掃除トップページへ】






風呂釜の洗浄

見えない箇所なので、忘れがちですが、風呂釜が汚れていると清潔な風呂には入れません!!


風呂釜が汚れていると、レジオネラ菌や大腸菌などが発生するので、風呂のお湯は非常に不衛生です。 最低半年に1度は、市販の風呂釜洗浄剤を使用し、風呂釜洗浄をしましょう。


風呂釜を洗浄すると、きれいなお湯で風呂に入る事ができ、風呂の沸きが早くなり、ガス代の節約につながります。



風呂釜には、1つ穴タイプと2つ穴タイプがあります。
この二つで、お風呂を沸かすシステムや汚れの質も全く異なります。


市販の風呂釜洗浄にも、1つ穴タイプ用2つ穴タイプ用があり、 それぞれのそうじに合った成分になってますので、タイプを間違えないように気をつけて下さい。


【↑風呂掃除トップページへ】






■浴槽やタイルのお掃除

浴槽内の黒ずみは、体から出たアカや皮脂汚れがほとんどです。
この汚れを落とすには 風呂用洗剤をスポンジ につけて、軽くこすって水洗いしてください。


これで落ちない場合は、皮脂が固まった状態です。
この場合は、汚れに浸透するように汚れに風呂用洗剤をかけ、垂れないようにラップをかぶせておくと良いでしょう。



※浴槽の種類…


●ホーローやステンレス → 普通の風呂用洗剤

汚れの酷い場合は、微粒子系のクリームクレンザーで、目に沿って軽くこすります。 酸性の洗剤は変色するので、使ってはいけません。



●強化プラスチック(FRP) → こちらも普通の風呂用洗剤

表面は保護コートされているものが多いですが、 スポンジなどでもこすり過ぎると表面の光沢層がなくなって、汚れが付きやすくなるため注意が必要です。



●木の風呂 → 粉石鹸をつけたタワシでこする

普段はこれで十分ですが、黒ずみがひどくなったら、薄めた漂白剤をつけたタワシでこすり、粉石鹸でこすります。 よく水洗いして十分に乾燥させることが必要です。



●天然石、人工大理石 → 中性洗剤

酸性洗剤を使うと石質を壊してしまうため、使ってはいけません。




※浴槽の縁や浴室床、タイル、水栓金具などの白いカルシウム汚れ

タイルの表面や水道栓の表面にうっすらと白い汚れがついていませんか?


これは、せっけん成分や体の脂肪分が、水中に含まれるカルシウムなどの成分と反応してできる現象で、一度付いてしまうと風呂用洗剤では落ちにくくなります。


対処法は?

軽症の場合は、「お酢」を薄めたものを塗って上からラップをします。

重症の場合は、酸性のトイレクリーナーなどを使います。


ラップ後、しばらく置いてからクリームクレンザーをまぶして、毛が固めのブラシでこする方法が良いでしょう。



床面に凹凸があって、これらの方法でも全く効き目がない場合は、カッターの刃など(特に注意!)で削り落とすしかありません…。


目地がセメントの場合、酸性洗剤で傷めてしまいますので、目地にはかからないようにしましょう。


【↑風呂掃除トップページへ】






■タイルの目地の汚れ

あらかじめ水や湯で全体を水打ちしてから作業に入りましょう。


◆湯垢の場合

浴室用洗剤とクリームクレンザーを混ぜたものを目地に塗り、 歯ブラシやタイル専用ブラシで軽くこすって、よく水洗いしましょう。



◆かびの場合

かび取り剤を綿棒などで塗って、しばらくおいてから洗い流します。 地味ですが、かび予防には「ろうそく」を塗りこんでおくのが、とっても効果があるようです。


【↑風呂掃除トップページへ】






■風呂の浴槽フタ掃除

風呂・浴槽フタ
↑風呂・浴槽フタ


お湯の保温性を良くするために、風呂フタの周囲にゴムパッキンが付いているものがありますが、このパッキンにかびが発生することがあります。


風呂フタがギャザーになっているものは、凹にかびが生えたり水垢が溜まりますので、毎回しっかり水を切るようにしましょう。


凹にかびが生えたり水垢が溜まってしまった場合は、風呂フタに風呂用洗剤をつけ目地ブラシ(上記の様な)で掃除し、重ねずに風通しのよい場所で乾燥しましょう。


【↑風呂掃除トップページへ】






■シャワーヘッドの詰まり

シャワーヘッドのつまりの原因は、水道の水に含まれているカルシウムです。


シャワーヘッドは滅多に詰まらないとは思いますが、もし詰まったら…





そんな時は分解(出来なければそのままで)して、を入れた「熱湯」(湯1L:酢カップ1杯)で、シャワーヘッドを1時間くらい漬けおきしましょう。


はこうしたカルシウムを溶かす力がありますので、同じように水が蒸発して、その部分だけ白っぽくなった箇所などもシップ法などで試してください。


念の為、水拭きはしっかりしておきましょう。


年に1回は、おそうじしてあげて下さい。



風呂・シャワーヘッド
↑風呂・シャワーヘッド


【↑風呂掃除トップページへ】






■シャワーホースの汚れ

ゴムや樹脂でできているものは、 かびが発生して黒ジミが付きやすくなります。

日頃から風呂用洗剤でそうじしましょう。


【↑風呂掃除トップページへ】






■浴室ドアの湯垢掃除


浴室のドアにこびりついた頑固な湯アカは、すぐには落ちにくい汚れです。

まずは、熱めのお湯シャワーを当て、ドア表面の温度を上げます。



その後、お風呂用洗剤をたっぷりスプレーして、乾かないように表面をラップし、数十分放置します。



凹凸がある場合はブラシなどでこすります。

また、この方法でも落ちにくい場合は、さきにおをお湯で薄めたものをハケなどで塗りラップし、水拭きをするとよいでしょう。


【↑風呂掃除トップページへ】






■排水溝の汚れ

お風呂の排水溝は、髪の毛が残りやすく、ぬめりが発生しやすいところなので、こまめなそうじが必要です。


ブラシなどでていねいにぬめりを落とした後、シャワーなどで洗い流してください。



髪の毛をまとめて捨てるシールを風呂の排水溝の表面に貼り付けるとそうじが楽です。

風呂・排水溝

↑風呂・排水溝


【↑風呂掃除トップページへ】








■浴室床のかびやぬめり掃除


湯アカが原因です。
これらのかびやぬめりがもとで、滑りやすくなります。




床がタイルの場合のお手入れは、風呂用洗剤をかけて、泡が出るまでブラシかスポンジでこすります。


しばらく放置し、水で十分洗い流します。洗った後にぬるぬる感が残るようでしたら、さらに液体クレンザーをかけてこすり、水で十分洗い流します。


【↑風呂掃除トップページへ】






■蛇口の白い汚れ掃除


水の中のカルシウムの汚れですので、熱いシャワーをかけて、よく拭いておけばきれいになります。



【↑風呂掃除トップページへ】






■浴室天井ボードの掃除


プラスチック製天井のボードは、強い汚れは付きにくいものの、水滴の跡やかびが発生しやすくなっています。


こうした汚れがつかないように、そうじした後や風呂上りに水で風呂全体を流し、タオルで水分を拭き取るかワイパーで水切りをしましょう。


十分に換気扇を回しておくと、かびはかなり防げます。


【↑風呂掃除トップページへ】






■換気扇掃除

必ず電源を切ったことを確認し、フィルターをはずし洗いましょう。

換気扇もはずして、水洗いするといいです。洗った後は、乾拭きをして下さい。



風呂・換気扇
↑風呂・換気扇


【↑風呂掃除トップページへ】






■風呂の鏡掃除

水滴の跡のような形の白い跡は、水垢やカルシウム等の汚れです。

放っておくととっても頑固な汚れになってしまいます。




水垢が少ないときは、雑巾などにお酢を付けて拭いてください。


ひどい場合は、ティッシュやガーゼなどにおをしみ込ませて、鏡全体に貼り付け、さらにその上からラップで覆って半日放置します。


半日放置したら、クリームクレンザーを手の指につけて円を描くように力を入れてこすり、ふき取ってください。



※それでも落ちない場合…

酸性の洗剤(例えばトイレクリーナー)の原液を鏡に塗り、その上からサランラップなどで乾かないようにラップし、2〜3時間放置してください。


その後、メラミンスポンジ(研磨スポンジ)にクレンザーを付けてこすってみましょう。 また、酸性洗剤が金属部分に付くと「サビ」たり、腐食して元に戻らなくなりますので、気をつけて作業してくださいね。



※大変なことになる前に!!

風呂あがりにタオルで鏡を拭いて、水分を無くしておくことをお忘れなく!


鏡に付いた水分をそのままにしていると、表面に白い汚れが付きやすく、写りが悪くなります。乾いた布で水分をこまめにふき取りましょう。


ガラスクリーナーでふくとさらにきれいになります。


【↑風呂掃除トップページへ】






■収納棚の掃除

樹脂製のものが多く、かびやぬめりが発生しがちです。

風呂用洗剤を使い、週1回のペースでそうじしましょう。


【↑風呂掃除トップページへ】






■洗面台の掃除

クリームクレンザーを布かスポンジにつけてこすります。

あとは水を流してよく拭くことです。

陶製の洗面台でも、ナイロンタワシなどを使うと傷がつくので、注意が必要です。


【↑風呂掃除トップページへ】






■普段
■道具
■風呂釜の洗浄
■浴槽やタイル
■タイルの目地の汚れ
■浴槽フタ
■シャワーヘッドの詰まり
■シャワーホースの汚れ
■浴室ドアの湯垢
■排水溝の汚れ
■浴室床のかびやぬめり
■蛇口の白い汚れ
■天井ボード
■換気扇
■鏡
■収納棚
■洗面台

【↑風呂掃除トップページへ】






無料メールマガジン

”必見!誰かに自慢したくなる魔法の掃除術!!”
 
メールアドレス



【↑風呂掃除トップページへ】

住まいのそうじ/トップページ

ネット広告宣伝






簡単ダウンロード!!

”印刷して使えるお掃除マニュアル”


住まいの場所別に簡単で効果的な掃除方法をまとめた、お掃除マニュアルです!!


住まいの掃除マニュアル
メールアドレス

※この無料レポートに申込みをされると、メールマガジン ”必見!誰かに自慢したくなる魔法の掃除術!”に代理登録されます。

メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。

「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

定期的にお得な掃除情報をメールで受け取れます 。

登録解除はコチラから。






住まいの掃除.comのリンクページの紹介です。







住まいの掃除.comの管理人の自己紹介です。





住まいの掃除.comのサイトマップです。




◆当サイトはリンクフリーです。

詳しくはリンクページをご覧下さい。




◆掃除に役立つ情報を沢山掲載しています。

ぜひ、多くの方々にご紹介下さい。